稍ゝおも

ややおもしろく、ややおもたく、jajaのJa,Ja,おもうこと

女のファンタジー/男のファンタジー/恋愛の倫理

(これは今日みたやつじゃなくて随分前に下書きだけ書きさしてほっといてたもの)
幼い頃より少女マンガ、少年マンガで育って来たので、少女マンガの世界は少女のファンタジー(妄想?)やなぁ(そしてレディスコミックの世界は女のファンタジーやなぁ)・・とよくわかる。ほいで、少年マンガの世界はやっぱり少年のファンタジーかな?(ほかの性別性志向の人々にもそれぞれのファンタジーがあろう)。
いや、それが悪いというのではないのですが・・。
なんかやっぱ「ファンタジー」であって、都合良くて、リアルとはちがうかな?と思う。
で、映画見ててもときどきそれがある。例えばこれ。
『ロマンスドール』タナダユキ

romancedoll.jpこんなふうに愛されるのって女のファンタジーちゃん?
だって、このドール、売れると思います? 男子のみなさま?
これに対して、男のファンタジーやのぉ・・と思ったのがこのフランス映画。ルイ・ガレルが監督した
『パリの恋人たち』L'Homme fidèle Réalisation: Louis Garrel

L'Homme fidèle — Wikipédia

senlis.co.jpひどい目にいっぱい遭うけど、結局 l'homme fidèle(誠実な男・・日本の古文で言うところの「まめ男」ぐらいか・・在原業平みたいな)を貫いて、こんなふうにいい女たちに愛されるのっていいよね。
少年役の子がものすごくいいのだけど、ルイ・ガレル君もお父さんのフィリップ・ガレルの監督作品のなかで、少年時代すごく良い存在感見せてくれてたよね。リリー=ローズ・デップも、お母さんの小悪魔ぶりを受け継いでいるよね。
  *
これらの作品に対して、これはファンタジーのような甘っちょろい世界ではなく、リアルやなぁ・・と思わせたのが
『冬時間のパリ』Doubles Vies Réalisation: Olivier Assayas

Doubles Vies — Wikipédia

www.transformer.co.jp出てくる人たち人たち造形がしっかりしていて、その関係性が会話やシーンごとの仕草や動作のなかでよく示されている。
人間関係のスパイスもウィットも効いてて大人やなぁと思いますわ。
タイトルは、私小説のテクストに書かれた生と、現実の生と、二重の生ということもあろうし、愛人と妻との二重生活てのもあろう、滑稽のなかに残酷があり意地悪があり身勝手な欲があり真正の?愛があり・・。
ヴァンサン・マケーニュVincent Macaigne 最初に観た『女っ気なし』' Un monde sans femmes ' Guillaume Brac の非モテ男のイメージが強過ぎたせいか、本作みたいに二人の魅力的な熟女から愛されてしまうと不思議な気もするけど、こういうダメでむくつけき男に惹かれてしまう女の気もわかる。
  *
で、恋愛のリアルだファンタジーだとかといえば、いま日本映画で必ず噂にのぼる今泉力哉という監督は、「恋愛映画の旗手」というのが売りだそうだけど(なんだかそう言われると本人気恥ずかしくない?)、というよりは、恋愛の倫理を描く監督なのかなと思います。それがわたしの個人的な倫理観とフィットするので『愛がなんだ』『his』はOK。しないので『アイネクライネナハトムジーク』『mellow メロウ』はNG。とかって、つまんない映画の見方ですかねぇ・・(笑)。
でも、新作の『街の上で』も期待してます。
あ、と、「恋愛の倫理」と言った場合、恋愛にまつわる社会倫理という意味ではなく、恋愛そのものの中にある倫理のことね。
例えば「不倫」って(イヤな言葉だけど)社会倫理に反する恋愛てことでしょうけど、恋愛そのものの倫理としては至極正しいのよね。今泉監督、このテーマでもまた作ってくださるそうで期待してます。

www.phantom-film.com

裏人格とかホントの幸せとか・・

慌てて言い添えておくと、新型コロナウイルス、自分自身のこととしてはあんまり心配していないです。
わたし、そもインフルエンザにすら罹ったことないし。でも実はかかってて、普通の風邪だと思い込んでて、重症化しないうちに治ってるのかもしれないし。とすると、その新型コロナウイルスにも感染したとしてもたぶん軽症で終わるだろうし。(それだけ十分健康だし)。ただ、このいまの日本の出鱈目な嘘つき&能無し政権のもと、社会がどんな風になってしまうかと思うと、憂鬱でたまらない・・これまでと同じく厄災は弱者に襲いかかるんだろうな・・。(わたしも立派な弱者に入ると思うけど)
  *
そういえばラース・フォン・トリアーLars von Trier に『エピデミック』Epidemic (1987)という作品があるのを思い出した。
なんでこれを思い出したかというと、昨日『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』Der Goldene Handschuh (2019) Dir: Fatih Akin

Der Goldene Handschuh (Film) – Wikipedia

を見たのだけど、ファティ・アキンが撮るからそうなるのか、実際に彼の住まったアパートの屋根裏部屋や行きつけのバーなどを忠実に再現して、確かにこういう男が生きていたということを描いたような作品だった。同じような連続殺人鬼を描いても、胸の悪くなる『ハウス・ジャック・ビルト』The House That Jack Built (2018) Dir : Lars von Trier とか、それこそシリアルキラーものの元祖、あまりにホラーでむしろ笑っちゃう『悪魔のいけにえ』The Texas Chain Saw Massacre (1974) Dir: Tobe Hooper のように突き抜けた非人間性(残虐性)がなく、むしろどんだけ残虐でも酷い奴でも「人間」が生きているところを描いていると見えたから・・。主人公だけでなくその周囲の人びとも、どんなに年老いてもどんなに醜くても(すまん!・・もともと若くてハンサムなのに醜いメイクして主役張ってるヨナス・ダスラーJonas Dasslerはともかく、あとのキャストの人たち、若くて綺麗な一部を除いて「醜く年寄り」な役で集められてる節があり大変だっただろうなぁと推測する)、どんなに変な考え方/価値観/言動様式を持ってても、みんな生きているんだ〜関わり合いながら生きているんだ〜ってところね。
ちょうど『影裏』(2020) 大友啓史

映画『影裏』オフィシャルサイト

が、どんなに外見良くて外面良くていい奴でも、人間性の裏の裏のいちばん暗いところに何か身勝手な利己主義で他者を食い荒らす魂が潜んでいることがあるって話と表裏一体かな。これしかし、岩手県のために心配するけど、広報的な成果はあったのか? 確かに自然は美しいし、人々が営々と日々を紡ぐ都市もいいのだけど・・(いや、そこに大震災のように荒ぶる自然が牙を剥いたとき・・を包摂しているからこれでいいのか?)
松田龍平が最初に綾野剛の前に現れるところで、禁煙の場所で平気で煙草吸ってるというのがあるのだけど、この手の小さい倫理の欠如って、わりと人間性を現すことがあることを(いくつかの経験例で)思い出した。「え? あなたの日常生活って、一事が万事こんな倫理観の欠如でいっぱいなの?」って顔を見直した奴とか。関わり合ってしまったりすると厄介。(公衆道徳の欠如とはちょっと違うのね。こちらの方は無神経だったり想像力が欠如してたり文明・文化的な知識な抜けてたり・・だから啓蒙可能だけど、倫理観の欠如は本人それが当然と思ってて平気なわけだから直らない。)
  *
昨日はその世にも凄惨?な2作のあと、世にも幸福な
『オリ・マキの人生で最も幸せな日』Hymyilevä mies (2016) Dir: Juho Kuosmanen

fi.wikipedia.orgそう、人生にはいちばん大事な日、幸せな日があるのよね。何があっても何がなくても・・これも実話をもとにしているとか。モノクロで捉えられたフィンランドの60年代とホントに愛しい人間たちのありようが美しかったです!
そのあとさらに
『ふたりのJ・T・リロイ ベストセラー作家の裏の裏』Jeremiah Terminator LeRoy (2018) Dir: Justin Kelly

en.wikipedia.orgこれはもう、誰でも知ってる話をそのまんま本人の証言通りに映画化したもので(だからちょっと納得できないところもある)、かい撫でした程度かな。でもキャラクター面白いし(誰でも知ってる関係者のキャラをよく再現している)、ローラ・ダーンLaura Dern はあまりにマンガ的で気の毒だったけど楽しそうだし、クリステン・スチュアート Kristen Stewart は本物よりもチャーミングだし、楽しく見られました。

このささやかな日常は?

3末の旅行の取りやめに続いて、2末に予定していた計画もダメになってしまいました。これも新型コロナウイルスの影響。主催者の判断。ま、見知らぬ人々がひとところに集まって・・みたいな企画だから仕方がないか・・。
その代わり、3月中旬から4月にかけて個人旅行をいくつか計画してるんだけど、これもどうなるか・・?
神戸大学の専門家の警告のあとに、ぞろぞろ下船する人たちがテレビに映り、それを報道陣が囲み、普通に家に帰っていく姿が映し出される・・ちょっとゾッとする。別のニュースでは空気から移るエアロゾル感染の可能性も・・。
これ、どうなんの? 感染はまだまだ拡大するんじゃないの? いつまで続くの?
そろそろ「映画館のような閉鎖空間は怖い」という声も周囲で上がり始めている。(不思議に男子ばかり。)
マスクは防御にはあまり役立たないらしいのでしてないけど、満員電車に乗る時、人と近い距離にいる時などなんとなく嫌な感じ。手すり、吊り革などは持たなくなった。ドアノブなど触った時には後で手を洗う。こんなこと、これまでの人生でしたことなかったなあ・・。
ほぼ毎日の映画館通いもどうなるか?
  *
これも同じような傾向の映画を一日に見てしまった例。3本ぜんぶ日本映画。
前田建設〜だけはちょっと肌ざわり違うけど、いずれもなんらかの欠損をかかえた人間たちの、ささやかな日常の営みを見つめた作品、とでも言おうか。
  *
『37セカンズ』

映画「37seconds」公式サイト

この車椅子のヒロインを演じた佳山明というひとが先にいて、この企画かと思ったら、クレジットのところにオーディションに来てくれたたくさんの人たちに感謝とあり、ということは脚本が先にあって、オーディションで選んだのね〜。(そう考えてみると、ちょっと設定が彼女の身体的条件にそぐわないところがあったかな?)。それぐらい、びっくりするぐらい、この子がいい!声も体も存在感じたい。なんせ(あの)神野三鈴と対等に渡り合っていくんだもの(笑)。そして、大東駿介がめずらしく受けの感じの役でこちらも良かった。
  *
前田建設ファンタジー営業部

映画『前田建設ファンタジー営業部』公式サイト

これは実話なのね〜。実在の前田建設の広報部がそういうアホな企画をしてウェブページ作ってしまって、やはり実在の取引先の(いずれも大企業の)協力も得ながら、こういうアホなことを大真面目でやっちゃったと。(「アホ」というのは褒め言葉です。)これは映画よりテレビの連続ドラマでやる方が良かったかも?とは思ったが。こんなんの方がよっぽど企業広告としての効果高いよね。
ここ↓が実在のウェブページ。

前田建設ファンタジー営業部

  *
『静かな雨』

映画『静かな雨』公式サイト

作品に流れる独特の時間。それは仲野太賀演じる主人公が足を引きずりながらゆっくりゆっくり歩くリズムが作っている。鯛焼きを一つずつゆっくり焼く時間。雨が降る時間。そしていつも雨上がりの、美しい朝の光・・。主人公を追い越して早足で歩く人々(合理的で機能的なことのみ良しとされる社会のせわしさに追われる人々)が見失っているものを、ひとつひとつ拾い上げる監督の視線がみごとである。

ずしんと来る映画3題

なぜか同じような傾向のを続けて見てしまうときがあり・・スケジュール組むときには意識してないんだけどね。
また、極力事前情報は仕入れないようにしているし・・。
でもこれって、よくよく考えれば思いっきりかぶっていたのでした。
『1917 命をかけた伝令』1917 (2019) Dir: Sam Mendes
『彼らは生きていた』They Shall Not Grow Old (2018) Dir: Peter Jackson

en.wikipedia.org

en.wikipedia.orgいずれも第一次世界大戦で英国(と英国連邦)の兵士らが体験した大陸でのひっどい塹壕戦。
それを片や、実際の記録映像や記録音声をきれいに修復して編集し「決して年老いることのない」彼らの姿をそこに浮かびあがらせる・・。ちょっとこれは・・といった恣意的なモンタージュもあったけど、そこは監督ピーター・ジャクソンの面目躍如たるところなんだろう。
片や、サム・メンデスは全編ワンカットという大胆な試みでみごとにドラマ化する。主要登場人物ら(イギリスの大物俳優らが脇を固めてるのがうれしいところ)の背後の戦場の動きなどがほんっとにみごとで、いったいどれくらい綿密に構想して構築してリハーサルを重ねたんだろうと思う。また、主人公を追って走る(というより一緒に走る)キャメラもみごとなんだけど、途中で何ヶ所か止まる、そのところの演出も凄い。ネズミと爆発のところとか、爆撃機が落ちて来るところとか、テクノロジーの勝利なんだろうか。
いずれも監督のおじいさん(or ひいおじいさん?)に捧げられていて、サム・メンデスのは、おじいさん(or ひいおじいさん?)が家族に語り伝えていた物語を映画化したものかな。こうしてまた、「決して年老いることのない」祖先の個人の経験が作品として創り出され、後世に残されていくことになるのだ。
で、これらの作物がみごとであればあるほど、この背後に隠された膨大な残されることのなかったひとびとの姿、語られることのなかった声々のことを思う。日本人が(加害者としても被害者としても)かかわった第二次大戦は、まだまだ語り尽くされていないんじゃないかと思う。塚本晋也『野火』(2014)のような傑作はあるけれどね。また、日本映画にも、中国映画などにも戦争を描いた劇映画は多いけど、また新たなテクノロジーと作り手の新たな視線のもとに、新たな表現が生まれて来て然るべきなんだろうな。
  *
この日はもひとつ。
『リダウト』Redoubt (2018) Dir: Matthew Barney

Matthew Barney - Wikipedia

 ↑ 作品そのもののページはないようなので・・上のページ内に作品説明あります。

これ、1週間だけの公開じゃあもったいないなぁ・・通常の映画の配給に乗らなかったんだろうか?たくさんの人に見て欲しいと思う。
処女神アルテミス(ディアナ)の入浴中の裸身を盗み見てしまったために鹿に変えられてしまったアクタイオーンの神話をモチーフに、マシュー・バーニー自身も出演し、アイダホの自然の中での人間や動物のありよう(生きよう)を見せ、そこで作品を制作するようすを見せる。作品ができあがっていく過程を追うドキュメンタリーであるとともに、この作品自体が中に幾層もの作品を織り込んだ一個の映像作品である。
前の2本と同じく、これもずしんと重量感のある映画だったけど、強いてもひとつ共通点を挙げれば「死体が容赦無く出てくる」ことか。(作り物か本物か、人間か人間以外の動物か、は問わず)。女神の体現するのは自然の酷薄さか、あるいは野生に生きる動物を撃つ人間の残酷さか、あるいはその闘争の過酷さか。ライフルを撃つ女神の(ことにその眼の)美しいこと!また自然を舞台にあらゆる身体表現を見せてくれるダンサーらの身体の素晴らしいこと!ドローン撮影などもうまく用いられていて、これもまた新しい撮影技術と藝術家の新たな視点とで、新しい表現が創り出された類であろうと思う。

 

びわ湖ホールにて

ホワイエから見える琵琶湖の風景。今日はよく晴れていました。

f:id:jaja85ans:20200211132856j:plain

アリーナ・コジョカル Alina Cojocaru〈ドリーム・プロジェクト2020〉
トップダンサーらの競演も見応えあったけど、やっぱりAlinaの物語性豊かで繊細な表現が圧巻でした!
前半の「マノン」のフリーデマン・フォーゲルFriedemann Vogel とのパ・ド・ドゥ、後半「マルグリットとアルマン」、殊に最後のセルゲイ・ポルーニンSergei Vladimirovich Poluninとのパ・ド・ドゥが、ホントにみごとで美しくてね!この瞬間を見るためだけでも琵琶湖まで来て良かったと思ったよ。
クラシックのバレエはあまり知らない(見たことない)のだけど、やっぱりいいものはいいな〜(当たり前だけど)と思いました。

恵比寿映像祭など

昨夜の満月は東京・恵比寿ガーデンシティ。不思議な彫刻のおかげでなんだか古代風に神さびた写真になってしまった。

f:id:jaja85ans:20200209183608j:plain

週末東京、充実してました。久々お会いして道案内までしてくださった友人に感謝!

美術展では東京都美術館ハマスホイとデンマーク絵画」(北欧の柔らかい光と室内の光が美しかった!)、国立新美術館ブダペスト」「DOMANI」。映画ではアンスティテュ・フランセで『馬の嘶き』Sport de filles (2011) Patricia Mazuy 。

en.wikipedia.org怪我した片目を縛って馬に乗る剛情っぱりがなんとも魅力的なマリナ・ハンズ Marina Hands、馬バカでややこしいエロオヤジのブルーノ・ガンツ Bruno Ganz。原題は「女の子のスポーツ」馬術をめぐって女たちのいわば勝鬨争いが繰り広げられる様子を喩えたものか?それともそういう言い回しがあるのか?
あと、なんといっても充実してたのが、東京都写真美術館などで開催中の恵比寿映像祭でした! 遠藤麻衣子さんという映画作家の作品を初めて見て感心しきり。映像の重ね方、音の重ね方、音楽の使い方がめちゃくちゃセンス良くて、もともと音楽畑の人という経歴に納得した。『TOKYO TELEPATH 2020』という作品では、全篇ゲリラ撮影で撮ったという東京という街の、疾走するリズムを見事に表現していました。表面を滑り反射する東京、下を流れる隠された(オカルトの)東京、見えているもの/見えないもの、聞こえているもの/聞こえないもの、東京という街を支配する時間・・。
かと思えば、高谷史郎は別のやりかたで、やはり東京の町に存在する時間を確かに切り取っていくし・・「時間を想像する」というテーマの本展、ほかにもタイの街を流れるノスタルジックでかつ不穏な時間(ちょうどその不穏なるものが噴き出した事件がありましたね)、ナマケモノの時間、ニュートリノの時間、モダンな時間、循環する時間、帝国の・ムッソリーニの・現在のローマを走り抜けるアフリカ系ランナーの時間、ギリシア悲劇オイディプスの物語に埋め込まれたアフリカ系の時間、東北の時間・・などなど、さまざまな時間の流れを体感することができました。

『汚れた手をした無実の人々』クロード・シャブロル

というわけで、金土日と東京に行ってたわけなんですが、主要目的はコレ。
新文芸坐シネマテーク クロード・シャブロル Claude Chabrol 特集。
『汚れた手をした無実の人々』Les innocents aux mains sales (1975)

Les Innocents aux mains sales — Wikipédia

大寺眞輔氏による字幕と解説付き。このシネマテークで6作品目のシャブロルになるという。同じ企画、関西に持って来れないのかなぁ・・東京では3週連続満員御礼だったというに・・。
冒頭、有閑層らしい女の寝そべった眩しい裸体のぷっくり美しいお尻に、舞い上がった赤い凧が落ちるというなんともサブリミナルな出逢い。
女がサングラスを外すとおお!ロミー・シュナイダー Romy Schneider ではないか!シャブロル映画にロミー?しかもなんとも惜しげなく裸をさらけ出して・・なおかつはっきり男の欲望を訊く台詞を吐くではないの!
かくしてフィルム・ノワールを意識した深い影、黒み、寝ころがったときに頭が下になる構図など表現主義的とも精神分析学的ともいえるかっこいい映像の積み重ねのなかに不穏な裏切りの物語が紡がれ、それをコミックレリーフな脇役たちが盛り上げ、二転三転のどんでん返しの三転目などもう客席から笑いが起こっちゃうぐらいミステリーというよりはファルス(笑劇)。女のファロスたるお尻が開いた物語は男のファロスの不能でこんぐらがった物語の縺れに絡みとられたかと思ったら、ヒロインはたった一人の女性として男のファロスたる法の網目に雁字搦めにされ、ラスト、その男の法にただ一人で抵抗するアンティゴネーのように闇に消えていくのである・・。このラストの真っ黒のドレスが美しくてね!衣装はイヴ・サンローランYves Saint-Laurent、その場面その場面のヒロインの状況・心理をもうエレガンスで見せる素晴らしさ!(特に、黒と白とグレーの使い方!)サンローランといえばカトリーヌ・ドヌーヴだけど、ジャンヌ・モローのシャネルといい、オートクチュールのセンスがしっかり映画の重要な部分を占めていた時代であったことも思い起こさせる。
フィルム・ノワールははっきり女嫌い(ミソジニーもしくはアンチフェミニズム)なジャンルなのだけど、シャブロルはその女嫌いを物語に明示し「男の法」を語ることでフェミニズムの立場に立つ。そういえば若き日のジョディ・フォスター Jodie Foster使ってボーヴォワール Simone de Beauvoirの『他人の血』Le sang des autres(1984)を撮ったのもシャブロルでした。